名門学校の合格を目指そう|小学校受験内容を把握する

発達に良い影響を与える

二人の子供

人間の脳は、右脳と左脳があります。左脳は計算や分析、言語の倫理的な思考を行うことができる脳です。一方で、右脳は芸術、空間認識、瞬間暗記といった直観的な思考を行うことが可能です。右脳は0歳から3歳まで優位に働きます。3歳以降になると左脳が働くので、右脳を発達させるためにも、幼児教室に通わせていた方が良いでしょう。幼児教室は、塾のように勉強をさせるといった内容ではありません。カードを見せて暗記力を付けたり、体を動かしたりなど色々な授業を行い、右脳教育を行うことができます。幼い頃から右脳を鍛えておけば、子どもの将来に活かせるのではないでしょうか。

子どもを幼児教室に通わせる際には、映像や説明を聞くといったところはやめておいた方が良いでしょう。映像や説明だけの授業だけとなると、子どもとしても受け身になりがちになってしまいます。また、本人のやる気がないと通わせていてもあまり意味がありません。ですので、やる気や考える力を引き出すためにも、体を動かしたり、脳を使ったりした授業カリキュラムのある幼児教室に通った方が良いでしょう。年齢にもよりますが、子どもが幼い場合は、親も一緒に授業に参加することができます。一緒に楽しんで授業に参加することができ、子どもの発達に良い影響を与えることができるのではないでしょうか。幼児教室には、同じ年代くらいの子どもが通っていますし、保護者もいます。保護者がいることで、交流を深めることができ、子育てについて情報を交換することができるでしょう。